ヘッダー画像

おすすめの弁護士求人サイトランキングTOP3

リーガルジョブボード
リーガルジョブボードの画像
おすすめポイント
求職者の満足度の高さが魅力!ダイレクトリクルーティングにも対応
もっと詳しく
弁護士ドットコムキャリア
弁護士ドットコムキャリアの画像
おすすめポイント
広いネットワークを活かすキャリア支援!希望に合わせ厳選した求人のみを紹介
もっと詳しく
NO-LIMIT
NO-LIMITの画像
おすすめポイント
豊富な非公開求人も取り扱いあり!一人ひとりの転職の実現を丁寧にサポート
もっと詳しく

おすすめの弁護士求人サイトをランキング形式で紹介します!

国家資格である弁護士の資格を持つ方は需要が高く、比較的転職や就職に有利な職業だといえます。しかし求人数が多いからといって、必ずしも自分にぴったりな職場に出会えるとは限りません。

働き方や人間関係など、ストレスなく働くためには勤務先の情報を確認しながらしっかりと吟味する必要があるでしょう。もしこれから弁護士として転職を考えているのなら、いくつか知っておきたいポイントがあります。

・どのようにして転職先探しをすればよいのか?
・求人サイトやエージェントの利点は?
・弁護士求人サイト選びはどうすればよいのか?

少なくとも上記のような疑問に対する答えは知っておかないと、転職を成功させるのは難しいかもしれません。そこで当サイトでは、しっかりと解説を行っていくので、ぜひ参考にしてみてください。

また、WEBアンケートをもとにおすすめの弁護士求人サイトをランキング形式でご紹介しています。そのほかにも「そもそも弁護士の転職市場はどうなっているのか」「弁護士求人サイトやエージェントの特徴」「弁護士資格を活かせる職場とは」などの解説もしていきます。

こうした基本的な情報も知っておくと、いざという時にとても役立つはずです。ぜひ当サイトの情報を参考に弁護士の転職について理解を深め、スムーズに転職活動を進められるようにしましょう。

おすすめの弁護士求人サイトランキング一覧!

リーガルジョブボードの画像1
求職者の満足度の高さが魅力!ダイレクトリクルーティングにも対応

リーガルジョブボードは、日本最大級の士業求人サイトです。求職者と採用担当者が直接メッセージをやり取りできる、業界初のシステム「ダイレクトリクルーティング」を導入しています。

ダイレクトリクルーティングは公開求人のみに導入されているため、 安心してやり取りができるのが嬉しいポイントです。また、エージェントは求人紹介の他に給与や勤務形態の代理交渉もしてくれるので、転職を有利に進められるでしょう。

リーガルジョブボードの強み

弁護士特化型エージェントとして最適な求人を紹介!入社後のミスマッチも防げる

リーガルジョブボードの口コミ・評判を集めました

女性/20代
コロナ禍での転職
コロナ禍での業務の経験も浅い中での転職活動で、勤務地等の希望もあったので不安でしたが、担当していただいた方の適切な紹介があり、当初の予定よりすんなりと希望に沿った転職先が決まりました。次回このような機会がある際はまた利用させていただきたいと思います。 ありがとうございました。

引用元:https://legal-job-board.com/

女性/30代
就業中の転職
資格を取得したものの、専門職としての転職は初めての経験だったため、エージェントの方に業界についての基礎知識、各企業の特徴等を細かく教えて頂くことができ、とても頼もしく感じました。 また、就業中の転職活動だったため、ご担当のエージェントの方とのやりとりも途切れ途切れになってしまうこともありましたが、いつもこちらの都合をお気遣い頂き、お陰で、とてもスムーズに進みました。 内定を頂いた後までフォローして頂けて、とても感謝しております。誠にありがとうございました。

引用元:https://legal-job-board.com/

リーガルジョブボードの基本情報

特徴求人先とウェブ上で直接メッセージを交わせる「ダイレクトリクルーティング」 を導入。公開求人(事務所名・企業名を明示している求人)のみに導入しているため、 安心してやり取りができる。
サポート求人の紹介の他に、給与や勤務形態の代理交渉・書類添削や面接対策・事務所の口コミや求人情報には掲載していない情報の提供・面接同行など、転職の確度や内定をサポートするための全面的な取り組みをおこなっている。
サービス・コラム士業向け転職メディア「LEGAL JOB MAGAZINE」、士業向けM&A・事業承継「M&A BOARD」
問い合わせ電話、メールフォーム
弁護士ドットコムキャリアの画像1
広いネットワークを活かすキャリア支援!希望に合わせ厳選した求人のみを紹介

弁護士ドットコムキャリアは、弁護士・法務人材のためのキャリア支援サービスです。日本最大級のネットワークを通じて確かな情報を届けています。

専任コンサルタントとの面談では、転職を検討する背景や今までのキャリア、強み、希望などをしっかりヒアリング。不安に感じていることは何でも気軽に相談可能です。面談内容をもとに厳選求人を紹介してもらえるので、自身に最適な職場を見つけることができるでしょう。

弁護士ドットコムキャリアの強み

登録弁護士数2万人超!独自のネットワークで非公開求人を含む豊富な求人を多数紹介

弁護士ドットコムキャリアの口コミ・評判を集めました

男性/40代
どちらかというと小規模事務所向け
地方の法律事務所の求人が充実しているのは弁護士ドットコムキャリアだからこそだと思います。企業内弁護士を目指すのであれば、リクルートエージェントやMSJAPAN等、企業の法務部と繋がりが強い転職エージェントの方が効率よく転職活動に取り組めると思いますが、地方の規模の小さい法律事務所も視野に入れ、転職活動に取り組むのであれば、弁護士ドットコムキャリアは選択肢の1つとして機能するはずです。

引用元:https://tenshokuwalk.com/

男性/30代
本腰を入れるにはよい
弁護士の間でそのサービスに賛否両論がある弁護士ドットコムですが、多くの弁護士が一度は使ったことがありますし、成功している弁護士事務所も実際に多数登録しているので、これらの事務所が人材募集の際、利用しているとしたら圧倒的な優位性があるのは間違いありません。東証一部に上場するような大手企業の法務はリクルートエージェントのようなサービスを使う可能性が高いですが、地方の弁護士事務所や専門性の高い人材を募集する場合、弁護士に特化した転職エージェントを利用するのが合理的です。弁護士ドットコムが本腰を入れるなら、やはりここは外すのは得策ではないでしょう。

引用元:https://tenshokuwalk.com/

弁護士ドットコムキャリアの基本情報

特徴日本最大級の弁護士・法務部ネットワークを通じて確かな「人」「仕事」の情報を届けている。非公開求人を含む弁護士ドットコム独自の多数求人を紹介することが可能。
サポート希望に応じて、履歴書や職務経歴書の添削も行っている。
サービス・コラム法律事務所(弁護士事務所)へ転職をお考えの方向け・個別相談会
問い合わせ電話
NO-LIMITの画像1
豊富な非公開求人も取り扱いあり!一人ひとりの転職の実現を丁寧にサポート

NO-LIMITは弁護士業界に精通したプロフェショナルとして、一人ひとりの希望条件をヒアリングし、最も活躍できる求人を紹介、転職成功までサポートしています。手厚いサポートが受けられるので、初めての転職活動でも気軽に相談できるのが嬉しいポイントです。

事務所・企業内の内情だけではなく、面接のポイントや履歴書の添削、どのような人がプラス評価・採用されているかなどの情報も教えてくれます。

NO-LIMITの強み

豊富な取引実績が強み!内情を把握し気持ちよく働ける事務所の求人のみを掲載している

NO-LIMITの口コミ・評判を集めました

男性/20代
よい出会い
msjapanをつかってましたが、そこでは書類すら通らなかったのに、こちらで添削して頂いた後は5件中4件も通過、3社から内定が出たのは素直に驚きました。担当者との面談はオンラインで初回の約1時間程度でしたが、その後も電話やLINEでやりとりする機会は結構あり、初めてで不安もある転職活動だったので、個人的には非常にありがたかったです。 求人の紹介数は少ないのかもしれませんが、全て魅力的なところだったので、提案がズレているなど全くなく、十分だったという印象です。妥協するような点も特になく、最初はエージェントなんてどこも一緒かと思っていましたが、結果的に良い出会いだったと思います。

引用元:https://tenshokuwalk.com/

NO-LIMITの基本情報

特徴これまでの取引実績にもとづいて、内情を把握してある事務所の求人のみを掲載。求職者が気持ちの良い環境で働ける職場のみを厳選している。
サポート初めての転職活動も気軽に相談可能。面接で重視されるポイントや履歴書の添削、どのような人がプラス評価・採用されているかなどの情報を提供してくれる。
サービス・コラム転職セミナー・無料個別相談会
問い合わせチャット
弁護士転職.jpの画像1
検索機能が充実!ベテランならではのノウハウが活かされる転職サポートを実施

弁護士転職.jpは弁護士専門の求人検索サービスです。創業から15年にわたり、弁護士専門の求人を提供。約1万6,000人の弁護士が登録しており、その転職サポートをおこなってきた確かな実績の持ち主です。

業界に精通した専任エージェントが求職者の希望をヒアリングし、相談を重ねていきます。弁護士キャリアについて一緒に考え、希望に沿った法律事務所や企業を紹介してくれるので、納得のいく転職活動ができるはずです。

弁護士転職.jpの強み

創業15年!業界に精通したエージェントと共に、弁護士キャリアについて考えられる

弁護士転職.jpの基本情報

特徴創業から15年にわたり、約1万6,000人の弁護士が登録。法曹業界に特化したエージェントだからこそできる転職サポートと、最新の求人情報を提供している。
サポート法曹業界に精通した専任エージェントが顧客の希望をヒアリング。相談を重ねながら、弁護士キャリアについて一緒に考え、希望に沿った法律事務所や企業を紹介する。
サービス・コラム弁護士のための法律事務所からの退職交渉について、日本最難関資格?司法試験とは
問い合わせ電話、問い合わせフォーム
MS Agentの画像1
求人数の幅広さは業界トップクラス!丁寧なカウンセリングも実施

MS Agentは、事業会社の管理部門(経理・財務、人事・総務等)と、スペシャリスト(弁護士、公認会計士等)に特化した転職エージェントです。同分野の転職サポートにおいてトップクラスのシェアを誇っており、実績にもとづいた確かな転職ノウハウを提供しています。

キャリアアドバイザーは、志向やパーソナリティを詳細に把握し、キャリアデザインに関わるアドバイスや、あなたにマッチした求人情報を提供してくれます。

MS Agentの強み

丁寧なカウンセリングで求職者にマッチする求人情報を提供!専門セミナーも随時開催中

MS Agentの口コミ・評判を集めました

男性/40代
イメージ通り
イメージ通りの職場に転職することができ、とても満足しています。業界出身のベテラン転職エージェントで、効果的なアドバイスと的確なサポートが受けられました。また、紹介先企業とのルートを持ち、採用ニーズも熟知していたため、とても頼もしかったです。

引用元:https://masa-ka.net/

女性/40代
充実しています
仕事は厳しく、求められるものも高いので付いていくのに必死ですが、毎日充実しています。エージェント経由ならではのアドバイスをもらえたことや、自分からは聞きにくいことを間に立って交渉してくれたことが良かったです。

引用元:https://masa-ka.net/

MS Agentの基本情報

特徴関東・東海・関西の主要都市を中心に、大手上場企業、外資系企業など、幅広いフィールドの求人情報がある。その数は業界トップクラス。
サポートアドバイザーがカウンセリングを通じて、志向やパーソナリティを詳細に把握。キャリアデザインに関わるアドバイスや、マッチした求人情報の提供を行う。
サービス・コラム早期転職を希望される法務職の方向けの個別相談会、職務経歴書作成相談会
問い合わせ問い合わせフォーム

第二東京弁護士会の口コミや評判
西村あさひ法律事務所の口コミや評判
岡野法律事務所の口コミや評判
法務・弁護士転職ナビの口コミや評判
弁護士法人アディーレ法律事務所の口コミや評判
企業法務革新基盤の口コミや評判
リーガルブライトの口コミや評判


ここからは、弁護士の求人動向をはじめ「弁護士の転職・就職成功のポイント」「弁護士求人サイト選びのポイント」などについて詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェント・コンサルタントを利用するとなった場合、期待することは? WEBアンケートで調査!

転職活動時に心強い味方となってくれるのが、転職エージェント・コンサルタントです。みなさんがもし転職エージェント・コンサルタントを利用することになったら、どのようなサポートを期待するのでしょうか?WEBアンケートで調査してみました。それでは結果の詳細を見てみましょう。

転職エージェント・コンサルタントを利用するとなった場合、期待することは? アンケート結果画像

最も多く選ばれたのは「希望業界の詳しい情報を教えてもらう」「給与や勤務形態の代理交渉」で、19%の方に選ばれました。転職エージェントを利用すると、その業界専門のエージェントに転職を支援をしてもらうことができます。

エージェントはその業界の実際の業務内容や転職市場について詳しいため、世間で出回っていない情報や裏事情についても教えてもらえます。特に弁護士業界は情報が非常にクローズドなため、自分ひとりで正しい情報を集めるのは大変です。転職エージェントを上手に頼って効率的に転職活動をおこないましょう。

また、「給与や勤務形態の代理交渉」もエージェントが代理でおこなってくれます。自分自身で給料や入社時期の交渉をしづらいという方も多いのでは?

エージェントを利用すれば担当者が求職者と企業の間に入り交渉をしてくれるので、ストレスを感じることなく希望を伝えられるでしょう。交渉により実際に年収を上げられたという例もあるので、使わない手はないといえます。

次に多かったのは「応募先企業の詳細情報を教えてもらう」で18%でした。転職エージェントは業界の情報はもちろんのこと、応募先企業の詳細情報を持っている場合もあります。

その企業独自の文化や必要とされている人材などを把握することで、転職活動を有利にすすめられます。また、企業をしっかり理解することで、入社後のミスマッチを防ぐこともできるでしょう。

アンケートの結果は以上となりますが、みなさんが転職エージェント・コンサルタントを利用する際に期待することがわかりました。

次の見出しからは、弁護士の就職・転職市場動向について詳しくポイントを押さえて解説させていただきます。ぜひ参考になさってください。

弁護士の就職・転職市場動向

弁護士の就職・転職市場動向の見出し画像これから弁護士として就職や転職を考えているのなら、まずは業界の市場動向を知っておくことが大切です。ここでは弁護士の就職や転職の現状、そしてこれからについてご紹介していきます。

弁護士の採用事情

そもそも弁護士は国家資格の狭き門をクリアした人材にしかなれない職業であるため、有効求人倍率が高い売り手市場です。またもともと弁護士業界は不況に強い分類であるため、不況下においても就職や転職に大きな影響のない業種であるとされています。

最近では、司法試験制度の改正により弁護士数が大幅に増加することを受け「弁護士が余るのではないか」という不安を抱える方は少なくなかったかと思います。しかし予想に反し、弁護士の数は未だに足りていない状況が続いており、売り手市場であることに変わりはありません。そのため弁護士は未だに就職や転職がしやすい業種であるといえるでしょう。

しかし弁護士業界は業務委託契約であることが多く、求人票に詳しい情報が載らない非常にクローズドな業界であることも特徴です。そのせいで自分に合う就職先であるかどうかは働いてみないとわからないのが当たり前というのが現状です。このことからミスマッチも多く発生しており、なかなか自分に最適な職場を見つけられずにいる弁護士も多いようです。

弁護士業界の変化

そんな弁護士業界ですが、最近では市場動向に変化が訪れています。上記でもご紹介したように弁護士の数が増加したことで、広い分野を担うゼネラリストから専門特化するスペシャリストの弁護士が増えているのです。さらに弁護士を採用する企業も増加しており、企業内弁護士(インハウス)の数が増えていることから、弁護士の就職先=法律事務所という常識も変わり始めています。

またこれまでは弁護士といえば激務で、深夜から翌朝まで働くのも当Hたり前というイメージがあった業界でした。しかし、近年ではワークライフバランスの重視をする方が増え、勤務時間の短縮化などが進んだことで働き方が変化しているそうです。

このように弁護士業界は業界全体やユーザーの傾向が大きく変化しているため、これからさらに有効求人倍率が高くなっていくと見られています。

豊富な求人がありながらも、クローズドな業界である弁護士就職・転職を成功させたいなら、企業の情報を事前に詳しく知ることができる、質の良い求人サイトや転職エージェントを利用することをおすすめします。

  • 弁護士業界は情報がクローズドで就職や転職のミスマッチが起こりやすい
  • 企業内弁護士も増えており、転職先の幅が広がっている

弁護士求人サイトの選び方

弁護士求人サイトの選び方の見出し画像弁護士の就職や転職を成功させるためのポイントとなる弁護士求人サイトですが、そのサイト選び自体も非常に重要になってきます。ここでは弁護士求人サイトを初めて利用する方のために、サイト選びのポイントをご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

弁護士業界に特化しているか

まず就職先や転職先が弁護士業界と決まっているのなら、弁護士に特化した求人サイトを利用するのがおすすめです。幅広い職業を扱っている求人サイトも多くありますが、そのなかに掲載されているのは多くの求人のなかのごく一部であり、就職先や転職先の選択肢が非常に狭くなってしまいます。

ある業種に特化しているサイトであれば、すべての情報が弁護士業界の求人なので単純に数も多く選択肢が広がり、自分にぴったりの職場を見つけやすくなるでしょう。多くの求人を比べることで給与や待遇などの条件面の比較や相場などもある程度把握できるようになるので、職場が決まった後にさらにいい求人を見つけて後悔するということも減らせるはずです。

とくに初めて就職や転職をする方は、業界の流れや給与の相場がつかみにくいと感じる可能性があるので、求人情報を数多くチェックできれば安心感もあるでしょう。

法律事務所とインハウス(企業内法務部)のどちらの求人が多いか

前項の弁護士の採用事情でもご紹介したように、最近では弁護士の就職先として法律事務所ばかりではなくインハウス(企業内法務部)も選択肢としてかなり多くなっています。弁護士を会社で採用する企業が増えているため、法律事務所の働き方の常識ではなく、採用する企業のルールに従った働き方ができるようになっているのがポイントです。

弁護士求人サイトも、法律事務所の求人を多く扱っているサイトとインハウス求人を多く扱っているサイトに分かれているので、どのような場所で働きたいかを考えてサイト選びをしましょう。サイトによって得意不得意もあるので、求めている職場が少ないサイトを利用してしまうと、うまく最適な就職先や転職先を見つけられないかもしれません。

法律事務所とインハウスのどちらを多く扱っているかは、求人サイトまたは求人サイトを運営している企業のホームページなどに記載されていることもあります。効率的に求人を見つけるためにも、それらをチェックした上で求人サイトを利用してみてください。

弁護士の転職事情に詳しいコンサルタントがいるか

就職活動や転職活動の際にサポートしてくれるエージェントやコンサルタントにも注目して、弁護士求人サイトを探しましょう。業界に特化した就職・転職なので、弁護士の転職事情に詳しいコンサルタントが在籍していると、より安心してスムーズに活動ができるはずです。

たとえば求職、求人側両方の市場を理解しており「残業がない職場で働きたい」 「独立に繋がる業務を経験したい」といった希望に合わせて求人を紹介してくれるようなサイトがおすすめです。希望に沿って紹介してもらうことができれば、入社前のミスマッチを防げて入社後に不満を感じることもなくなるでしょう。

また転職活動中の方のなかには、現在の仕事が多忙で多くの時間を転職活動に割けないという方もいるはずです。少ない時間のなかでより適した職場をコンサルタントが紹介してくれれば、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。

サポート体制が充実しているか

求人サイトや転職エージェントを利用する場合は、サポート体制の充実度も必ずチェックしましょう。最適な求人を紹介してくれることはもちろん、面接時の書類添削や面接対策、また採用後の給与や勤務形態の代理交渉などあらゆる場面でサポートしてくれたら、ストレスを感じることも少ないでしょう。

そのほかに事務所の口コミや求人情報には掲載していない情報の提供・面接同行など、転職の確度や内定をサポートするための取り組みなど、全面的に対応してくれる弁護士求人サイトなら初めての転職活動でも安心して進めることができるはずです。

また企業とのやり取りをコンサルタントがしてくれれば、転職活動に余計な時間を費やすこともありません。サポート体制は求人サイトや転職エージェントによって内容が大きく異なる場合もあるので、ぜひ事前に確認した上で利用するサイトを決めましょう。

  • 弁護士業界に特化した求人サイトを利用するのがおすすめ
  • 業界に詳しいコンサルタントが在籍し、あらゆるサポートをしてくれると安心

弁護士求人サイトやエージェントを利用するメリット

弁護士求人サイトやエージェントを利用するメリットの見出し画像弁護士として就職や転職をする場合、弁護士求人サイトや転職エージェントを利用せず知り合いのツテなどを使って仕事を探すことももちろん可能です。しかし弁護士求人サイトや転職エージェントを利用するからこそのメリットも多いので、それを知った上でどのように就職活動や転職活動をしていくか決めていきましょう。

書類選考に通過しやすくなる

弁護士求人サイトや転職エージェントでは、コンサルタントが事前に履歴書や職務経歴書などの書類を添削してくれます。採用担当者の印象に残るような書類の書き方などもレクチャーしてもらえるので好印象を与えられて、書類選考に通過しやすくなるでしょう。

またエージェントでは、これらの書類のほかに「求職者の推薦文」を作成し、企業側に求職者の人柄やスキルなどを伝えてくれます。すると面接に進みやすくなり、転職の成功率が上がるでしょう。

複数の求人の選考を同時に進められる

仕事をしながら転職活動を進める方は多いですが、働きながらだと面接の日程調整や採用担当者との連絡がなかなかスムーズにできないことも珍しくありません。そこでエージェントを利用すれば担当のコンサルタントが選考スケジュールを把握してくれ、採用担当者とのやり取りなども行ってくれるので、滞りなくいくつかの選考を同時に進められるようになります。

企業について詳しく知れる

求人サイトや転職エージェントでは、求人募集をしている企業の情報についても詳しく把握しています。待遇や業務内容などについても事前に情報を教えてもらうことができるので、自分に合う企業かどうかをある程度判断できるでしょう。

条件交渉を任せられる

求人サイトや転職エージェントのコンサルタントは、年収や入社時期などの待遇面について企業と代理交渉をしてくれます。自分では言いにくい部分も代わりに伝えてくれ、より有利に転職できるよう進めてくれるので安心して働き始めることができるでしょう。

入社後のミスマッチを防げる

就職や転職では「入社してみたら社内の雰囲気に合わない」「面接での条件と違う」「ブラック企業だった」など、あらゆるミスマッチが起こる可能性があります。求人サイトや転職エージェントを利用すると、求職者の希望する条件と応募する企業の条件が本当にマッチするかを吟味してくれるので入社後のミスマッチを防ぐことができるのです。求人情報だけではわからない細かな情報も知れるので、納得できる就職に繋がるでしょう。

  • 弁護士求人サイトや転職エージェントは転職を有利に進められるサポートをしてくれる
  • 入社後のミスマッチを防ぐためにも、求人サイトや転職エージェントを利用するのがおすすめ

弁護士資格を活かせる転職・就職先について

弁護士資格を活かせる転職・就職先についての見出し画像これまで弁護士事務所で働いていたけれど、転職後はその経験を活かした別の仕事にチャレンジしてみたいという方もいるでしょう。ここでは、弁護士としての経験やスキルを活かして働ける転職先・就職先や未経験でも採用されやすい職種についてご紹介します。

弁護士としての経験やスキルを活かしやすい職種

これまでの弁護士としての経験やスキルを活かせる仕事として、企業の法務部門が挙げられます。最近ではコンプライアンスを重視する企業や労働関連法案の改正に適切に対応できるよう体制を整える企業が増えていることに伴い、法律の専門家が求められる場面が増えています。企業へ就職すれば労働基準法がしっかりと適用されるので、ワークライフバランスを実現できるというメリットもあります。

また経営コンサルティング会社なども、弁護士を必要としている企業が多く求人も非常に増えています。経営コンサルタントは企業法務の知識が必要な職業なので、これまで会社への経営アドバイスを行ってきた方なら即戦力として採用されやすいでしょう。

業種にもよりますが、弁護士から公務員への転職も可能です。弁護士として働きながら「任意付公務員」となってしばらく弁護士を離れることもできますし、弁護士を完全にやめて公務員として再就職することもできます。

弁護士資格を持っていれば、弁理士として登録する事もできるので「法律特事務所」「特許事務所」へも転職できます。特許事務所では特許庁へ提出する書類の作成やアシスタント、クライアントへの報告資料作成などがメイン業務となります。海外における知的財産の管理に携わるチャンスもあり、語学力があれば国際的な活躍を目指すこともできるでしょう。

弁護士が未経験でも採用されやすい職種

弁護士の資格や知識をそのまま活かす職場でなくても、弁護士だからこそ採用されやすい職種もたくさんあります。ここでは、弁護士資格を持っていれば未経験でも転職しやすい職種について見ていきましょう。

まず一つめが営業職です。とくに弁護士事務所を自分で経営していた方は顧客開拓のために営業を自分で行っていたはずなので、営業技術を身に着けている方が多いでしょう。その能力を活かせば企業の営業マンとして活躍できるはずです。

そして司法試験、案件特化講座などのセミナー講師にも転職しやすいです。難関資格向けのオンライン資格スクールの講師や、パラリーガル専門資格講座などでは弁護士での実務経験がある方を講師として迎えることが多いため、資格を活かしながら別の働き方ができます。

また大規模な事務所でマネジメントに関わってきた方であれば、マネジメント職として企業に就職できる可能性があります。管理職ならある程度年齢を重ねていても中途入社しやすく、新しい場所で活躍できるチャンスがあるかもしれません。

  • 弁護士事務所以外にも転職できる先は多い
  • 資格を直接活かす仕事でなくても弁護士資格や経験が転職に有利になることもある

弁護士が転職・就職を成功させるためのポイント

弁護士が転職・就職を成功させるためのポイントの見出し画像就職活動や転職活動は少なからず労力を使いますし、上手くいかないと不安やストレスを感じてしまい、モチベーションを保てなくなってしまう可能性もあります。だからこそできるだけスムーズに活動でき転職が成功するよう、ご紹介するようなポイントを押さえて転職活動を行っていきましょう。

転職で実現したいことを明確化する

転職に失敗しやすい方の特徴として、ただなんとなく今の会社に満足していないから転職するというものがあります。しかしこれでは転職しても何に満足すれば成功なのかが明確でなく、結局転職する前と変わらない、もしくは転職前の方がよかったと後悔してしまう可能性があります。

そうならないようにするために、まずは自分が転職したい理由を明確にして転職後にどのようなことを実現したいのかを決めておきましょう。わかりやすい部分でいうと、給与や労働時間・休日、勤務地、職場の雰囲気などです。こういった部分をより明確化しておくと、転職先も探しやすくなるでしょう。

将来のビジョンを考える

将来的にどのような仕事をしていきたいのか、そのビジョンをしっかりと考えた上で就職や転職をすることも大切です。たとえば将来独立を考えているのか、ワークライフバランスを重視した働き方をしたいのかなどです。

将来のビジョンがしっかりしていると採用担当者にもアピールしやすく、企業側も採用しやすくなります。ぜひ将来のビジョンを考え、人にそれをしっかりと伝えられるようにしておきましょう。

狙う業界や領域を定める

弁護士としてどのような活動をしたいかで、狙うべき業界や領域も決まってきます。たとえば総合的に法務経験を積みたいのなら、大手の企業で幅広いキャリアを身につけるのがおすすめです。金融や不動産関係の法務を極めたいのなら、銀行や不動産を狙うべきでしょう。

また企業の成長に貢献していきたいのなら、経営スピードが早く法的アドバイスを求められやすいベンチャー企業がおすすめです。また技術や経営などに関わりたいのなら、知的財産や特許分野に携われる仕事を狙うべきです。

書類作成や面接対策をしっかり行なう

どのような企業や業種でも、やはり第一印象は大切です。履歴書に使用する写真には気を使い、もちろん面接時の身だしなみも気をつけましょう。また履歴書と一緒に提出する職務経歴書はできるだけ詳細にまとめ、自分の経歴やビジョンをしっかりとアピールできる書き方をすることが成功の鍵となるでしょう。

  • 転職や就職で叶えたいことや、将来のビジョンを明確にしておこう
  • 狙う業界や領域を絞ると求人が見つけやすくなる

自分の進みたい方向性に合わせて特化した弁護士求人サイトに登録するのがベスト

弁護士業界は就職や転職しやすい業界ですが、だからこそ求職者側がしっかりと吟味して働く場所を選ぶことが大切です。クローズドな業界であるため、上手に弁護士求人サイトやエージェントを利用し、自分の進みたい方向に進めるようにしていきましょう。

弁護士求人サイトやエージェントは数多くありますが、弁護士業界に特化し、最適なサポートが受けられる求人サイトに登録してください。そして就職や転職を成功させ、自分の夢や希望に1歩近づいていきましょう。

弁護士求人サイト!おすすめ比較表

リーガルジョブボード
リーガルジョブボードの画像
おすすめポイント
求職者の満足度の高さが魅力!ダイレクトリクルーティングにも対応
特徴求人先とウェブ上で直接メッセージを交わせる「ダイレクトリクルーティング」 を導入。公開求人(事務所名・企業名を明示している求人)のみに導入しているため、 安心してやり取りができる。
サポート求人の紹介の他に、給与や勤務形態の代理交渉・書類添削や面接対策・事務所の口コミや求人情報には掲載していない情報の提供・面接同行など、転職の確度や内定をサポートするための全面的な取り組みをおこなっている。
サービス・コラム士業向け転職メディア「LEGAL JOB MAGAZINE」、士業向けM&A・事業承継「M&A BOARD」
問い合わせ電話、メールフォーム
弁護士ドットコムキャリア
弁護士ドットコムキャリアの画像
おすすめポイント
広いネットワークを活かすキャリア支援!希望に合わせ厳選した求人のみを紹介
特徴日本最大級の弁護士・法務部ネットワークを通じて確かな「人」「仕事」の情報を届けている。非公開求人を含む弁護士ドットコム独自の多数求人を紹介することが可能。
サポート希望に応じて、履歴書や職務経歴書の添削も行っている。
サービス・コラム法律事務所(弁護士事務所)へ転職をお考えの方向け・個別相談会
問い合わせ電話
NO-LIMIT
NO-LIMITの画像
おすすめポイント
豊富な非公開求人も取り扱いあり!一人ひとりの転職の実現を丁寧にサポート
特徴これまでの取引実績にもとづいて、内情を把握してある事務所の求人のみを掲載。求職者が気持ちの良い環境で働ける職場のみを厳選している。
サポート初めての転職活動も気軽に相談可能。面接で重視されるポイントや履歴書の添削、どのような人がプラス評価・採用されているかなどの情報を提供してくれる。
サービス・コラム転職セミナー・無料個別相談会
問い合わせチャット
弁護士転職.jp
弁護士転職.jpの画像
おすすめポイント
検索機能が充実!ベテランならではのノウハウが活かされる転職サポートを実施
特徴創業から15年にわたり、約1万6,000人の弁護士が登録。法曹業界に特化したエージェントだからこそできる転職サポートと、最新の求人情報を提供している。
サポート法曹業界に精通した専任エージェントが顧客の希望をヒアリング。相談を重ねながら、弁護士キャリアについて一緒に考え、希望に沿った法律事務所や企業を紹介する。
サービス・コラム弁護士のための法律事務所からの退職交渉について、日本最難関資格?司法試験とは
問い合わせ電話、問い合わせフォーム
MS Agent
MS Agentの画像
おすすめポイント
求人数の幅広さは業界トップクラス!丁寧なカウンセリングも実施
特徴関東・東海・関西の主要都市を中心に、大手上場企業、外資系企業など、幅広いフィールドの求人情報がある。その数は業界トップクラス。
サポートアドバイザーがカウンセリングを通じて、志向やパーソナリティを詳細に把握。キャリアデザインに関わるアドバイスや、マッチした求人情報の提供を行う。
サービス・コラム早期転職を希望される法務職の方向けの個別相談会、職務経歴書作成相談会
問い合わせ問い合わせフォーム

記事一覧

投稿日 2023.02.1
弁護士法人心 本部:〒453-0015愛知県名古屋市中村区椿町14-13 ウエストポイント7F TEL:052-485-6003 東海地方を中心に、関東や関西にも事務所を持つ弁護士法人心は、
続きを読む
投稿日 2023.02.1
第二東京弁護士会 住所:〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3弁護士会館9F TEL:03-3581-2255 受付時間:9:30~16:30 定休日:土日祝 第二東京弁護士会は
続きを読む
投稿日 2023.02.1
西村あさひ法律事務所 住所:〒100-8124 東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー TEL:03-6250-7217 営業時間:平日9:30~17:30 西村あさひ法律事務所は、国
続きを読む
投稿日 2023.02.1
岡野法律事務所 広島本店:〒730-0011 広島市中区基町13番13号 広島基町NSビル6階 TEL:050-3625-0639 岡野法律事務所は、幅広い案件を取り扱い、弁護士としての経験
続きを読む
投稿日 2023.02.1
SAMURAI 会社名:ikivil株式会社 住所:東京都杉並区高円寺南3-12-1 SAMURAIは、士業に特化した転職求人サイトです。誰もが無料で利用でき、レア求人を多数保有しているのが
続きを読む
投稿日 2023.01.15
弁護士ですでに税理士の資格を持っている方も少なくありません。いわゆるダブルライセンスの状態であり、将来的に狙っている方もいるでしょう。そこで実際にダブルライセンスになる前に、どのようなメリッ
続きを読む
投稿日 2023.01.15
法務・弁護士転職ナビ 会社名:アスタミューゼ株式会社 住所:東京都千代田区神田小川町3丁目9番2号 BIZCORE神保町4F 法務や弁護士という高度な専門的知識を要求される職業への転職を目指
続きを読む
投稿日 2023.01.15
弁護士法人アディーレ法律事務所 住所:〒170-6033東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 TEL:03-5950-0241(代表)/03-5950-0268(採用担当) 弁護士
続きを読む
投稿日 2023.01.15
弁護士転職.com 会社名:株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント 住所:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105番地 神保町三井ビルディング14階 TEL:03-52
続きを読む
投稿日 2023.01.1
企業法務革新基盤 会社名:企業法務革新基盤株式会社 住所:〒100-6311東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング11階 TEL:03-6812-2878 企業や企業法務系法律事
続きを読む
投稿日 2023.01.1
リーガルブライト 会社名:株式会社リーガルブライト 住所:東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル8階 TEL:03-6256-9822 営業時間:平日11:00~16:00 皆さんの
続きを読む
投稿日 2023.01.1
エリートネットワーク 会社名:株式会社エリートネットワーク 住所:〒104-0061東京都中央区銀座2丁目6-8日本生命銀座ビル6階 (受付)・9階 TEL:03-3562-6002 営業時
続きを読む
投稿日 2023.01.1
アガルートキャリア 会社名:株式会社ファンオブライフ 住所:〒162-0814 東京都新宿区新小川町5-5 サンケンビル4階 TEL:サイト内問い合わせフォームあり 皆さんの中で、弁護士や会
続きを読む
投稿日 2023.01.1
C&Rリーガル・エージェンシー社 会社名:株式会社C&Rリーガル・エージェンシー社 住所:〒105-0004 東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE TEL:03-4
続きを読む
投稿日 2022.11.18
法曹三者の中でもっとも自由度が高い弁護士ですが、どのような事務所で働くかによってキャリア形成は異なります。とくに弁護士として新たなスタートを切る方は、さまざまな種類の求人を比較することがおす
続きを読む
検索

【NEW】新着情報

弁護士法人心 本部:〒453-0015愛知県名古屋市中村区椿町14-13 ウエストポイント7F TEL:052-485-6003 東海地方を中心に、関東や関西にも事務所を持つ弁護士法人心は、
続きを読む
第二東京弁護士会 住所:〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3弁護士会館9F TEL:03-3581-2255 受付時間:9:30~16:30 定休日:土日祝 第二東京弁護士会は
続きを読む
西村あさひ法律事務所 住所:〒100-8124 東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー TEL:03-6250-7217 営業時間:平日9:30~17:30 西村あさひ法律事務所は、国
続きを読む